メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/352 第四話 黒武御神火御殿=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 つくづくと検分し、裏返して、左右の袖を覗(のぞ)き込み、縫い目を検(あらた)める。それから当て布を手に取った。

 あの、ひらがなの文字列。軽く目を瞠(みは)ったが、骨董(こっとう)屋の店主は表情を変えなかった。

「その文字に、よくないものが封じ込められているんです」

「ははあ」

「もともと悪(あ)しきものではない--いや、いけないものなんですが、意味の違う悪いものになってしまっていると申しますか」

 我ながら情けないほどこんがらがる。こうしてしげしげと検めると、印半天に焼け焦げの一つも残されていないことが、あらためて禍々(まがまが)しく思えてくる。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです