メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/352 第四話 黒武御神火御殿=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 つくづくと検分し、裏返して、左右の袖を覗(のぞ)き込み、縫い目を検(あらた)める。それから当て布を手に取った。

 あの、ひらがなの文字列。軽く目を瞠(みは)ったが、骨董(こっとう)屋の店主は表情を変えなかった。

「その文字に、よくないものが封じ込められているんです」

「ははあ」

「もともと悪(あ)しきものではない--いや、いけないものなんですが、意味の違う悪いものになってしまっていると申しますか」

 我ながら情けないほどこんがらがる。こうしてしげしげと検めると、印半天に焼け焦げの一つも残されていな…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文853文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです