メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スケートボード

ストリートリーグ 堀米、逆転で優勝

 スケートボード・ストリートの世界最高峰プロツアーで、来年の東京五輪の予選対象大会を兼ねるストリートリーグ(SLS)第2戦が28日、米ロサンゼルスで行われ、男子決勝は昨年に3勝した堀米雄斗(XFLAG)が35・7点で優勝した。白井空良(ムラサキスポーツ)は27・0点で6位。池田大亮(同)は準決勝で敗退した。

 女子決勝は1月の世界選手権(ブラジル)を制した西村碧莉(木下グループ)が22・1点で4位、12歳の…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文757文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです