メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱中症

エアコン・水分補給で予防を 消防庁、注意呼びかけ

 厳しい暑さが到来すると心配なのは「熱中症」だ。気温と湿度が高い梅雨明け前後の暑さは警戒が必要で、消防庁は「しっかり予防してほしい」と呼びかけている。

 熱中症は温度や湿度が高いことで、体内の水分と塩分のバランスが崩れ、体温調節の機能が利かなくなる状態。体温の上昇やめまい、体のだるさに吐き気などの症状が生じる。意識障害やけいれん、普段通りに歩けないなど重症だと救急車を呼んだ方がいい。

 記録的な猛暑となった昨年は、熱中症による救急搬送が2008年の調査開始以来最多の約9万5000人を記録した。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです