メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱中症

エアコン・水分補給で予防を 消防庁、注意呼びかけ

 厳しい暑さが到来すると心配なのは「熱中症」だ。気温と湿度が高い梅雨明け前後の暑さは警戒が必要で、消防庁は「しっかり予防してほしい」と呼びかけている。

 熱中症は温度や湿度が高いことで、体内の水分と塩分のバランスが崩れ、体温調節の機能が利かなくなる状態。体温の上昇やめまい、体のだるさに吐き気などの症状が生じる。意識障害やけいれん、普段通りに歩けないなど重症だと救急車を呼んだ方がいい。

 記録的な猛暑となった昨年は、熱中症による救急搬送が2008年の調査開始以来最多の約9万5000人を…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです