メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育虐待

誰しも陥る 過度に勉強を強要、殺人事件も 子の人権尊重、見守って

名古屋地裁の入る建物=名古屋市中区で2019年1月14日、野村阿悠子撮影

 「教育虐待」が注目されている。今月19日には、名古屋市で中学受験の勉強をしない小学6年の長男を刺殺したとして、殺人罪に問われた父親に懲役13年の判決が言い渡された。裁判を傍聴した教育ジャーナリストのおおたとしまささん(45)は「教育虐待の典型例。一歩間違えば、誰しも陥る」と指摘する。【牧野宏美】

 「教育虐待」という言葉が初めて公に使われたのは2011年とみられる。学会で武蔵大の武田信子教授が「子供の受忍限度を超えて勉強させるのは教育虐待になる」と問題提起した。

 「『あなたのため』という大義名分のもと、勉強や習い事を強要していたら、暴力性がなくても虐待にあたる」とおおたさんは言う。

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1169文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです