メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

渋滞対策 首都高の料金、上乗せ提示へ

 東京五輪・パラリンピック期間中の首都高速の渋滞緩和策について、石井啓一国土交通相は29日の記者会見で、「(利用料金を上乗せする)ロードプライシングを含めた追加対策の具体化の検討を加速する」と述べた。国は8月にもロードプライシング導入案を大会組織委員会に示す方針。

 関係者によると、実施した大規模交通規制の効果が低かったことから、政府内でも導入に前向きな声が高まっているという。大規模…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  5. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです