N国なぜ議席獲得 ネット戦略の勝利か、有権者の変質か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
丸山穂高衆院議員との面会を前に記者団の質問に答えるNHKから国民を守る党の立花孝志代表=東京都千代田区で2019年7月25日午前11時35分、川田雅浩撮影
丸山穂高衆院議員との面会を前に記者団の質問に答えるNHKから国民を守る党の立花孝志代表=東京都千代田区で2019年7月25日午前11時35分、川田雅浩撮影

 参院選の比例代表で約99万票を集めた「NHKから国民を守る党」(N国)。初当選した立花孝志党首(51)は政見放送で「NHKをぶっ壊す!」と連呼し、奇抜なその動画がインターネットで注目を集めた。訴えたのはNHK批判だけ。これまでの永田町の常識では「泡沫(ほうまつ)」扱いされていたはずの団体は得票率2%以上を確保し、法の定める「政党要件」を満たした。なぜN国は議席を獲得できたのか。【待鳥航志/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3049文字(全文3259文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る