参院、れいわの2人の介助費用を当面負担決定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
れいわ新選組2議員が大型の車いすを利用するため、バリアフリー化工事で3人分の座席が取り外された参院本会議場の議席(中央)=国会内で2019年7月29日、川田雅浩撮影
れいわ新選組2議員が大型の車いすを利用するため、バリアフリー化工事で3人分の座席が取り外された参院本会議場の議席(中央)=国会内で2019年7月29日、川田雅浩撮影

 参院議院運営委員会は30日の理事会で、参院選比例代表で初当選した重度身体障害者の舩後(ふなご)靖彦氏(61)と木村英子氏(54)=いずれもれいわ新選組=の議員活動に際し、必要な介助費用について、参院が当面負担することを決めた。国会への登院から議員としての活動、帰宅するまでの間が対象となる。

 末松信介議運委員長は理事会後、記者団に「党が負担することもあるかもしれない」と述べ、国会外での党務などを念頭に今後、費用分…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

あわせて読みたい