メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
日本の競争力低下を考える

平成の30年は「経済敗戦」 ファーストリテイリング柳井会長

インタビューに答えるファーストリテイリングの柳井正会長兼社長=東京都港区で2019年7月10日、喜屋武真之介撮影

 平成の30年間で、日本の経済的競争力は衰えた。今年5月にスイスの有力ビジネススクールが発表した国際競争力ランキングでは30位に落ち込むなど、もはや経済大国の座すら危うい。なぜか。日本を代表する財界人のファーストリテイリング・柳井正会長兼社長に尋ねると、「経済敗戦だ」と激しい言葉が返ってきた。「日本はギリシャになる」と話す柳井氏の真意とは。【今村茜/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3162文字(全文3351文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

今村茜

1982年生まれ、鹿児島県出身。高校時代を米国で過ごし、2006年筑波大学卒業、毎日新聞社入社。福島支局や世論調査室を経て、17年から経済部でIT系や流通・商社などの民間企業を担当。19年5月から現職。主な関心はビジネス、働き方、テクノロジー&データ、子育て。2児の母です。日々テレワークのノマドワーカー。子連れワーケーション推進中。和菓子と着物好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

  2. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです