「7iD」パスワード一斉リセット 原因究明遅れ、利用者離れの恐れも 7pay不正

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
7pay
7pay

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は30日、グループのインターネットサービスに使う共通ID「7iD」のパスワードを同日、一斉にリセットしたと発表した。対象者は7iDの全会員約1650万人。スマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」の不正利用問題を受けたセキュリティー強化の一環としているが、原因究明が遅れる中での強制措置は利用者離れを招く恐れもある。

 7iDはセブンペイのほか、クーポン配信の「セブン―イレブンアプリ」、ネット通販サイト「オムニ7」などを利用する際に必要。新パスワードを設定しないとサービスは使えないため、利用者にはメールなどで再設定を呼びかけている。新パスワードの設定条件はこれまでよりも厳しくした。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文675文字)

あわせて読みたい

注目の特集