メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裸馬めがけ勇敢に 「野馬懸」奉納し相馬野馬追の日程終了 福島

逃げ回る裸馬に素手で飛びかかる御小人=南相馬市小高区の相馬小高神社で2019年7月29日、高橋秀郎撮影

 福島県の相馬地方で開催中の伝統行事「相馬野馬追(のまおい)」は29日、南相馬市小高区の相馬小高神社で小高郷の武者らが「野馬懸(のまかけ)」を行い、3日間の日程を締めくくった。

 野馬懸は、裸馬を素手で捕らえて神前に奉納する神事。古来の名残りをとどめることから、国の重要無形民俗文化財指定の大きな理由になったとされる…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  5. 「ここまでとは」想定外の雨量、河川改修でも浸水 行動計画も効果不明 熊本豪雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです