メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裸馬めがけ勇敢に 「野馬懸」奉納し相馬野馬追の日程終了 福島

逃げ回る裸馬に素手で飛びかかる御小人=南相馬市小高区の相馬小高神社で2019年7月29日、高橋秀郎撮影

 福島県の相馬地方で開催中の伝統行事「相馬野馬追(のまおい)」は29日、南相馬市小高区の相馬小高神社で小高郷の武者らが「野馬懸(のまかけ)」を行い、3日間の日程を締めくくった。

 野馬懸は、裸馬を素手で捕らえて神前に奉納する神事。古来の名残りをとどめることから、国の重要無形民俗文化財指定の大きな理由になったとされる…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相、一律10万円「あれは政府の借金、さらに増やすのか」 再支給に否定的

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  5. 東京都内で新たに1175人の感染確認 重症者は158人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです