メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同性愛への抑圧と闘った姿描く映画「トム・オブ・フィンランド」 配給会社がこだわった「修正なしでの公開」

映画「トム・オブ・フィンランド」より(C) Helsinki-filmi Oy, 2017

 同性愛が罰せられた第二次世界大戦後のフィンランドで、ゲイの男性の姿を描き、後に世界的なゲイカルチャーをけん引した画家トウコ・ラークソネン(1920~91年)。彼の人生を描いた映画「トム・オブ・フィンランド」が8月2日に公開される。フィンランドではラークソネンの勇気がたたえられ、記念切手にもなっている。この作品の配給会社「マジックアワー」代表の有吉司さんは、彼の雄姿を「若い人に見てほしい」と意気込むが、日本では「映画倫理機構」の審査で「R18+」に区分され、18歳未満は鑑賞できない。1度目の審査では、「R18+の基準を超える過激な描写」だとして区分も与えられず、無修正では上映できない恐れもあった。映倫と話し合いを重ね、上映にこぎつけた有吉さんは、「映倫の規制は、映画文化を守るためのものではなくなっている」と訴える。【中嶋真希】

 体にフィットした革の服を着た筋肉質な男性たちが、バイクに乗ったり、キスをしたり--。ゲイが開放的な性を楽しむ姿を描いたのが、「トム・オブ・フィンランド」の名前で知られるラークソネンだ。20年にフィンランド南西部の小さな町で生まれ、20歳で陸軍に招集された。終戦後、イラストレーターとして活躍し、大手広告代理店「マッキャンエリクソン」のアートディレクターにも就任した。

この記事は有料記事です。

残り2306文字(全文2858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです