メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ

獅童さんと初音ミクがお練り 共演「超歌舞伎」の成功祈願祭も 京都・伏見稲荷

記念撮影に納まる中村獅童さんら。中央のパネルは初音ミク=京都市伏見区で2019年7月30日午後1時53分、梅田麻衣子撮影

 京都・南座で8月2日に開幕する「八月南座超歌舞伎」で“共演”する中村獅童さん(46)ら歌舞伎俳優とバーチャルアイドルの初音ミクが30日、京都市伏見区の伏見稲荷大社で「お練り」と「成功祈願祭」を行った。

 歌舞伎俳優たちとスクリーンに映し出されるCGキャラクターが共演する「超歌舞伎」は、これまで千葉市の幕張メッセでのイベントなどで上演してきたが、今回初めて劇場での1カ月興行が実現する。

 伏見稲荷大社は、演目の「今昔饗宴(はなくらべ)千本桜」のルーツ「義経千本桜」ゆかりの地。獅童さんらは、青い着物姿で山車の中から手を振る初音ミクとともに、観光客らでにぎわう参道を練り歩いた。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです