メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ディープインパクト死ぬ 頸椎骨折 史上2頭目の無敗3冠馬

菊花賞を制し、三冠を達成したディープインパクトと池江調教師(右)=京都競馬場で2005年10月23日、望月亮一撮影

 2005年に中央競馬(JRA)史上2頭目の無敗の3冠を達成するなどJRA最多タイのGⅠ7勝を挙げたディープインパクトが30日、死んだ。種牡馬生活を送っていた北海道安平町の社台スタリオンステーションが発表した。17歳だった。現役時は14戦12勝(海外を含む)と圧倒的な強さを誇り、種牡馬としても12年の牝馬3冠でGⅠ7勝のジェンティルドンナはじめ多くの活躍馬を輩出した。

 社台スタリオンステーションのホームページによると、28日に治療していた頸部(けいぶ)の手術を受けた。29日午前中に突然、起立不能となり、30日に早朝にレントゲン検査をしたところ、頸椎(けいつい)に骨折が見つかった。回復の見込みが立たないことから安楽死の処置が取られたという。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです