メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クトゥーゾフの窓から

ウクライナ危機の現場を歩いた(10) 消えない親露感情 東部マイオルスク

度重なる砲撃で屋根と壁が壊れていた住宅=ウクライナ東部ドネツク州マイオルスク村で2019年7月12日、大前仁撮影

 ウクライナ軍と親露派組織の戦闘は発生から5年たったが、収束の兆しを見せない。私は7月中旬にウクライナが維持する最前線のドネツク州マイオルスク村を訪れたのだが、多くの住民が「敵」であるはずの親露派やロシアへの批判を避けていた。なぜ、このような事態が生じているのかを考えた。

 村内では、度重なる砲撃で屋根の一部や壁が破損した建物が目に付いた。それでも、集合住宅の前でたたずんでいた3人の女性はのんびりとした様子だった。女性たちは一斉に話し始めたり、途中から人の話に割り込んだりすることが多く、後で聞き返しても、誰の発言なのか判明しないことが多かった。それでもウクライナ政府に批判的だが、「ドネツク人民共和国」(DNR)を名乗る親露派組織や背後に控えるロシアを批判しない点では一致していた。

この記事は有料記事です。

残り2616文字(全文2959文字)

大前仁

モスクワ支局記者 1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。

大前仁

1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです