メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クトゥーゾフの窓から

ウクライナ危機の現場を歩いた(10) 消えない親露感情 東部マイオルスク

度重なる砲撃で屋根と壁が壊れていた住宅=ウクライナ東部ドネツク州マイオルスク村で2019年7月12日、大前仁撮影

 ウクライナ軍と親露派組織の戦闘は発生から5年たったが、収束の兆しを見せない。私は7月中旬にウクライナが維持する最前線のドネツク州マイオルスク村を訪れたのだが、多くの住民が「敵」であるはずの親露派やロシアへの批判を避けていた。なぜ、このような事態が生じているのかを考えた。

 村内では、度重なる砲撃で屋根の一部や壁が破損した建物が目に付いた。それでも、集合住宅の前でたたずんでいた3人の女性はのんびりとした様子だった。女性たちは一斉に話し始めたり、途中から人の話に割り込んだりすることが多く、後で聞き返しても、誰の発言なのか判明しないことが多かった。それでもウクライナ政府に批判的だが、「ドネツク人民共和国」(DNR)を名乗る親露派組織や背後に控えるロシアを批判しない点では一致していた。

 DNRの部隊による度重なる砲撃や銃撃で女性たちの部屋の窓は著しく破損していたが、彼女たちは「誰がいけないのか分からない」と話す。直後に非難の矛先をウクライナの政財界を牛耳ってきたといわれる財閥経営者(オリガルヒ)に向け、「これはオリガルヒ同士の戦争なのだ」と言い始めた。

 5月まで大統領だったポロシェンコ氏は、政治家になる前から多角的に事業を営んできた。女性たちは「ポロシェンコは今でもロシアで事業を続けているし、オリガルヒの一人だ。大統領だった5年間に、国民のためには何もしなかった」と酷評した。これは彼女たちの発言ではなかったが、今回の東部出張では「ポロシェンコがやったのは戦争を始めたことぐらいだ」という批判も耳にした。

この記事は有料記事です。

残り2302文字(全文2959文字)

大前仁

モスクワ支局記者 1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。

大前仁

1969年生まれ。2008~13年、18~20年にモスクワ支局勤務。現在は旧ソ連諸国や米国の情勢、日露関係を担当。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. JR九州の駅無人化「移動の自由の妨げで違憲」 大分の車椅子男女3人が賠償提訴

  3. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです