メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

小林 聡美・評『ベランダ園芸で考えたこと』『ぼくの鳥あげる』

思いがけない出会いと気づきが変化と成長をもたらしてくれた

◆『ベランダ園芸で考えたこと』山崎ナオコーラ・著(ちくま文庫/税別740円)

◆『ぼくの鳥あげる』佐野洋子・著(幻戯書房/税別1800円)

 ひとり旅もいいけれど、このところ団体旅行のラクチンさに目覚めた。特に、日帰りのハイキングやウォーキング、簡単な山歩きなどの企画もの。富士山の裾野一周や旧街道、高原の長距離トレイルといったものを何回かにわけて踏破する、スタンプラリー的なお楽しみ感がいい。集合場所からバスに乗れば、スタート地点まで連れて行ってくれるし、現地には質問になんでも答えてくれる親切なガイドさんがいる。参加者のほとんどは、一期一会を心得た人生のベテランばかりだ。団体旅行なんてお仕着せで、自由時間も少なくて、ダサい、と思っていたのは体力も気力もある若いころ。ベテランは団体の中でも個として自分の内側に旅することができるのだ。

 自分にそんな境地が訪れたことにびっくりだが、境地といえば『ベランダ園芸で考えたこと』の山崎ナオコー…

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです