メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『パラパラじゃなくていい! 最高のチャーハン50』しらいのりこ・著

思いこみを捨てたら好みの味に仕上がった

◆『パラパラじゃなくていい! 最高のチャーハン50』しらいのりこ・著(家の光協会/税別1000円)

 チャーハン、食べたい。

 それも、なるべくぎとぎとしていないチャーハンを。

 世の中のチャーハンは概して油っこすぎるように感じられるものだから。

 レシピの歴史を遡(さかのぼ)ってみる。1936(昭和11)年の読売新聞には、チャーハンのつくりかたが掲載されており「油で米粒が1粒ずつ包まれるようにパラリと炒めて」とある。80年以上も前から、そのやりかたが是とされていたのだとすると、チャーハンの本懐としてはそうあるべきで、私の好みが異端なのかも。

 そんな風に、やや弱気になりかけたとき、この本のまえがきにある「『パラパラ』だけが、正解じゃない」と…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです