メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内山氏“KO大会”新設 10・19後楽園ホールで開幕(スポニチ)

[PR]

 元WBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志氏(39)の異名を冠した大会が新設される。

 ボクシング興行会社DANGANは29日、東京都内で「内山高志presents KNOCK OUT DYNAMITE 賞金マッチトーナメント」の開催を発表した。内山氏の代名詞“KO”の魅力をアピールし、ボクシング界を盛り上げることが狙い。KO決着を増やすために5ラウンド制とし、1回KOなら20万円などのボーナスも設定した。内山氏は「階級で一番強いという自信のある選手に出てほしい」と期待する。4階級(53キロ、56キロ、60キロ、65キロ契約)で各4選手によるトーナメント戦を実施し、優勝賞金は各50万円。出場資格はA級ボクサーで、10月19日に後楽園ホールで開幕し、決勝は来年1月を予定している。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです