メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

諦めない 「合気道まねごと」靱帯断裂、陸上選手 手術せずリハビリ、車いす5000メートル復活V

ジャパンパラ大会の男子5000メートル(車いすT54)で力走する久保恒造=岐阜市の岐阜メモリアルセンター長良川競技場で2019年7月21日、徳野仁子撮影

 パラ陸上の海外遠征中に「合気道のまねごと」で別の男性選手から右手首をひねられ、靱帯(じんたい)断裂の重傷を負った2016年リオデジャネイロ・パラリンピック代表の久保恒造(38)=日立ソリューションズ=が、国内復帰戦となった21日のジャパンパラ大会(岐阜)で優勝した。一時は厳しいとみられた東京パラリンピック出場に向け、再スタートを切った。

 久保は2月17日、海外遠征先だったアラブ首長国連邦(UAE)のホテルで、同じ日本パラ陸上競技連盟の…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです