メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ヘイトスピーチに罰則、条例化目指す川崎市はいま 実効性に期待する被害者

ヘイトスピーチのデモ(奥)に対し、「やめろ」と声を上げて抗議する市民ら(手前)=川崎市で2018年8月14日

 差別のないまちを実現できるか--。川崎市は、公共の場でのヘイトスピーチ(差別扇動表現)に50万円以下の罰金を科す対策条例を制定する手続きを進めている。来年7月の施行を目指しており、成立すれば、全国で初めてヘイトスピーチに刑事罰を定める条例となる。国のヘイトスピーチ対策法施行から3年。「日本から出て行け」などと攻撃するデモに苦しんできた在日コリアンや支援者らの思い、ヘイト団体の反応を追った。【井田純】

 「不当な差別について、はっきり『してはならない』と禁止している。非常に包括的で、先駆的な内容だと思…

この記事は有料記事です。

残り2474文字(全文2726文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです