メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

国民民主は補完勢力に?=与良正男

 政治の世界は不思議なもので選挙で負けた政党が結果的にキャスチングボートを握ることがある。

 自民党が大分裂して突入した結果、どの党も単独過半数を取れなかった1993年の衆院選がそう。実は政権の枠組みを決定づけたのは半数近くに激減した当時の野党第1党、社会党だった。

 自民党を離党して当時、新生党を率いていた小沢一郎氏は、その社会党も抱き込んで非自民の細川護熙政権を樹立した。そして翌94年、今度は自民党が社会党の村山富市委員長を首相に担ぐ連立に踏み切って政権を奪還した。

 だが、双方からありがたがられた社会党がその後どうなったか。説明するまでもないだろう。

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです