メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 いよいよ7月も終わった。今年の7月31日は旧暦の6月29日。30日まである月を「大の月」と呼んだ江戸時代では、今年の6月は「小の月」である。従って次の日から旧暦では7月1日だ。珍しいことに新暦でも1日、つまり8月1日なのである。月の満ち欠けが日にちと一致する貴重な年だ。そして1月から春を数える江戸時代では、7月は秋の始まりなのである。

 着物では、新暦の6月から単衣(ひとえ)になり、7月、8月は夏の着物で、9月にまた単衣になる。しかし…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文791文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 処理水放出「誰か言わねば。捨て石でいい」 原田氏、持論再び

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです