連載

文芸時評

毎日新聞デジタルの「文芸時評」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

文芸時評

7月 私のおすすめ 大澤聡(批評家)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

(1)スティーヴン・ミルハウザー著、柴田元幸訳『私たち異者は』(白水社)

(2)岸政彦『図書室』(新潮社)

(3)奥田亜希子『魔法がとけたあとも』(双葉社)

変化する街と身体と

 日常に侵入した異物の存在によって、周囲がオセロのようにぱたぱたとひっくり返っていき、気づいた時には少しだが確実に、あるいは元の状態が想像できないほど丸っきり、日常が異なる空間へと変容している。(1)の短編7作が執拗(しつよう)に描くのはそうした変化、例えば「私たちの町」が生成変化していくプ…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集