メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
文芸時評

7月 私のおすすめ 大澤聡(批評家)

(1)スティーヴン・ミルハウザー著、柴田元幸訳『私たち異者は』(白水社)

(2)岸政彦『図書室』(新潮社)

(3)奥田亜希子『魔法がとけたあとも』(双葉社)

変化する街と身体と

 日常に侵入した異物の存在によって、周囲がオセロのようにぱたぱたとひっくり返っていき、気づいた時には少しだが確実に、あるいは元の状態が想像できないほど丸っきり、日常が異なる空間へと変容している。(1)の短編7作が執拗(しつよう)に描くのはそうした変化、例えば「私たちの町」が生成変化していくプ…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  5. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです