メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の体はテレビでできている

スポーツも「娯楽の王様」

 <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている>

 「やっぱりスポーツは娯楽の王様だ!」。役所広司演じる嘉納治五郎は、復興運動会で高らかに宣言する。NHK総合の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」(日曜午後8時)の第1部最終話「種まく人」の話だ。6月23日の放送で、関東大震災でうちひしがれた人々を元気づけるべく、第1部の主人公で、日本人として五輪初参加したマラソン選手の金栗四三(かなくりしそう)(中村勘九郎)は、復興運動会を思いつく。四三らとともに、後に五輪で日本の女子選手初のメダルを得る人見絹枝も走り、過去から未来へとバトンが渡される感動的な締めくくりだった。

 ……のだけれど、いやちょっと待った。脚本を担当する宮藤官九郎は、TBS系ドラマ「マンハッタンラブス…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文886文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 女の気持ち たった一つの実 山口県光市・初田照子(85歳)

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです