メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

毒舌で奔放、楽しんで ドラマ「つばめ刑事」プロデューサー 岡部圭一朗さん

岡部圭一朗さん=東京都内で2019年7月24日、屋代尚則撮影

 プロ野球・東京ヤクルトスワローズの人気マスコットキャラクター「つば九郎」が、ドラマ「つばめ刑事」(全12話)で俳優デビューを果たした。球団創設50周年などを記念した作品で、映画会社の東映と番組制作会社「TBSグロウディア」が制作し、6月にネット配信が始まった。自身が所属する東映の女性プロデューサーから「つば九郎と仕事がしたい」と希望されたことが、ドラマ化のきっかけになったという。

 ドラマは、年末恒例の契約更改で球団マスコットをクビになったつば九郎が、ヤクルトの本拠地の神宮球場で…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文770文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです