メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ウラカタ

毒舌で奔放、楽しんで ドラマ「つばめ刑事」プロデューサー 岡部圭一朗さん

岡部圭一朗さん=東京都内で2019年7月24日、屋代尚則撮影

 プロ野球・東京ヤクルトスワローズの人気マスコットキャラクター「つば九郎」が、ドラマ「つばめ刑事」(全12話)で俳優デビューを果たした。球団創設50周年などを記念した作品で、映画会社の東映と番組制作会社「TBSグロウディア」が制作し、6月にネット配信が始まった。自身が所属する東映の女性プロデューサーから「つば九郎と仕事がしたい」と希望されたことが、ドラマ化のきっかけになったという。

 ドラマは、年末恒例の契約更改で球団マスコットをクビになったつば九郎が、ヤクルトの本拠地の神宮球場で…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文770文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです