メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
自立する島々・北方領土のいま

/中 択捉・色丹に温泉保養地整備 「観光立島」へかじ切り 官民挙げて熱いまなざし /北海道

8通りの湯温を楽しめるオダイバケ温泉につかるビザなし訪問団員=択捉島紗那近郊で

 ひょうたん形をした天然の良港・色丹島斜古丹(しゃこたん)湾を一望できる高台ではヒオウギアヤメやヤマブキショウマなどの高山植物が咲き乱れていた。案内役のロシア人が湾の左端の岬を指さした。「あそこにバーニャ(ロシア風の蒸し風呂)付きリゾートが造られます」

 起伏に富んだ丘陵が連なり、戦前は「東洋の箱庭」と呼ばれて国立公園の候補地にも挙げられた色丹島。しかしインフラ整備が着実に進む択捉・国後の2島とは対照的に、いまだに道路は砂利道で、前を走る車の土煙で目が痛くなるほど。ヘリポートはあるものの、航路などの交通アクセスも悪く、現段階では観光客を呼べる状況ではない。

 ところが、その色丹島で舗装道路の整備が年内に始まる予定だ。穴澗(あなま)の複合保養施設の計画や空港…

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1137文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです