空き家整理業者

現場をルポ 思い出の品を丁寧に 遺族の気持ち尊重、寄贈や輸出へ 香取 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
海外に輸出されることになった遺品の人形を整理する鈴木さん=千葉県内で
海外に輸出されることになった遺品の人形を整理する鈴木さん=千葉県内で

 肉親を亡くした依頼者の思いを尊重して遺品を整理し、その遺品を国内だけでなく、海外に輸出したり寄贈したりしている空き家整理業者「CNS」(香取市)の遺品整理現場に密着した。【加古ななみ】

 6月初旬、ホコリが舞う古い民家に、水郷のまちならではの心地よい風が通り抜けた。この家に1人で暮らしていた女性(28)の母親は昨秋に亡くなり、今は空き家となっている。

 他の部屋の雰囲気とはがらりと変わり、2階の一室はピンクを基調とした部屋で、ゲーム機やCDなどが並ぶ。遺品整理を依頼した女性が月に2、3回ほど帰省して使っていた。亡くなった母との思い出が詰まった幼いころから慣れ親しんだ家で、品の整理がなかなかできず、CNSに頼んだ。

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文996文字)

あわせて読みたい

注目の特集