特別展

生き物の謎に挑戦「三番瀬探偵団」開催 船橋・環境学習館 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ふなばし三番瀬環境学習館」で開かれている夏の特別展「三番瀬探偵団」==千葉県船橋市潮見町で
「ふなばし三番瀬環境学習館」で開かれている夏の特別展「三番瀬探偵団」==千葉県船橋市潮見町で

 三番瀬に面する船橋市潮見町の「ふなばし三番瀬環境学習館」で、夏の特別展「三番瀬探偵団 なぞの痕跡(しるし)をおいかけろ!」が開催されている。骨や卵、フンなどの生き物の「痕跡」の謎を解いて生き物の正体を突き止めるゲーム式の展示で、問題は現実の光景に架空の物体を重ねて映し出す「AR(拡張現実)グラス」を使って出題される。9月1日まで。

 「怪人」から出題される謎を解き、怪人がどの生き物なのかを当てる仕組み。会場には三番瀬や東京湾で見られる鳥や魚、貝など12点の生き物とその骨やフンなど30点、計42点の標本や模型が展示されている。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文566文字)

あわせて読みたい

注目の特集