メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

生き物の謎に挑戦「三番瀬探偵団」開催 船橋・環境学習館 /千葉

「ふなばし三番瀬環境学習館」で開かれている夏の特別展「三番瀬探偵団」==千葉県船橋市潮見町で

 三番瀬に面する船橋市潮見町の「ふなばし三番瀬環境学習館」で、夏の特別展「三番瀬探偵団 なぞの痕跡(しるし)をおいかけろ!」が開催されている。骨や卵、フンなどの生き物の「痕跡」の謎を解いて生き物の正体を突き止めるゲーム式の展示で、問題は現実の光景に架空の物体を重ねて映し出す「AR(拡張現実)グラス」を使って出題される。9月1日まで。

 「怪人」から出題される謎を解き、怪人がどの生き物なのかを当てる仕組み。会場には三番瀬や東京湾で見られる鳥や魚、貝など12点の生き物とその骨やフンなど30点、計42点の標本や模型が展示されている。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  2. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです