メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イケメン絵巻

賛否 展示は不適切? 反響上々、参拝客4倍に 市教委が撤去要請、寺側応じず 燕市文化財の国上寺本堂 /新潟

問題となっている国上寺の「イケメン絵巻」。裸で入浴するシーンが描かれている=新潟県燕市国上の国上寺で

 燕市の越後最古の古刹(こさつ)、国上寺で、市文化財の本堂の壁に掛けられた「イケメン偉人空想絵巻」が物議を醸している。若い参拝客に人気がある一方「文化財としてふさわしくない」と批判があり、市教育委員会は30日、寺に絵巻の撤去を求めることを決めたが、寺側はすぐには応じない構えで、両者は平行線をたどっている。【北村秀徳】

 イケメン絵巻は国上寺が4月19日から公開。東京都在住の日本画アーティスト、木村了子さんが制作した。上杉謙信や源義経、酒呑童子など越後にゆかりのある5人のイラストが、本堂の四方の壁に配置されている。「若い世代の寺離れを食い止めたい」との思いから、山田光哲住職(52)が発案。妖艶な絵のタッチがインターネットで反響を呼び「実感としては参拝客が以前の4倍近くに増えた。特に若い女性からは好評だ」(国上寺関…

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです