メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水まんじゅう

大野の夏はゆず、ラムネ… 味もさまざま 地下水使い市の新名物に /福井

さまざま味の水まんじゅうを販売する内山奈保子さん=福井県大野市春日1で、横見知佳撮影

 大野市の地下水を使った爽やかな水まんじゅうが夏の新定番となり、人気を呼んでいる。ゆず味やコーヒー味、ラムネ味などさまざまな味が市内の約15の菓子店の店頭に並んでいる。

 大野市は標高1000メートルを超える山に囲まれた盆地で豪雪地帯でもあることから地下水が豊富。地下水を使った水まんじゅうは以前から作っていたが、2016年に「お菓子のひろせ」(大野市春日1)の内山奈保子さん(48)らが他の菓子店に声をかけ…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. サラリーマン川柳 今回の優秀100句を一挙掲載 第33回サラリーマン川柳 

  4. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  5. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです