メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豚コレラ

越前市の309頭、全頭殺処分進む 知事、国に対応要望 /福井

豚コレラの早期終息などを求める要望書を農林水産省の新井ゆたか消費・安全局長(左)に手渡す杉本達治福井県知事=同県庁で、大森治幸撮影

 強い伝染力と高い致死率が特徴の熱性伝染病「豚コレラ」に感染した豚が越前市内の養豚場で見つかった問題で、県はこの農場で飼育されている全ての豚309頭の殺処分を進めている。30日朝までに284頭を処分。残りの処分を30日午後8時から進めた後、8月1日にかけて埋却・消毒する。一方、杉本達治知事は30日、県庁で農林水産省の担当局長と面談し、原因の解明や一刻も早い事態の終息などを求めた。【大森治幸】

 農場内で飼っている豚の全頭処分は国の「豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」に基づく対応で、県職…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです