メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リニア中央新幹線

南ア住民訴訟 JR東海、争う姿勢 初弁論 /山梨

 リニア中央新幹線が通過する予定の南アルプス市の沿線住民らが、騒音、日照問題を巡る補償や説明が不十分だとして、JR東海に同市内の一部区間の工事差し止めと慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が30日、甲府地裁(鈴木順子裁判長)で開かれた。JR東海は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

 原告の秋山美紀さん(47)は「高さ30メートルの構造物が家の目の前に立つ状況を考えると、悲しくて夜も眠れない」と意見陳述…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです