伊東のメガソーラー

遂行不能で400億円損害 事業者、市議会で報告 /静岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
伊東市八幡野地区のメガソーラーについて事業者(左と手前)が市議の一部(右奥)に説明した=静岡県伊東市議会で
伊東市八幡野地区のメガソーラーについて事業者(左と手前)が市議の一部(右奥)に説明した=静岡県伊東市議会で

 伊東市八幡野地区で大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設計画を進める事業者が30日、市議会で事業の状況を報告した。市規制条例違反だとする市の指導などで建設が進まない中、同社は事業遂行が不能になった場合は約400億円、売電開始が遅れた場合は1日約488万円の損害が発生すると説明した。

 事業者の伊豆メガソーラーパーク合同会社によると、八幡野地区役員に報告会の開催を断られたため、市民代表の市議への説明を希望した…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

あわせて読みたい

ニュース特集