メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

コウノトリの人工巣塔とは? /滋賀

設置される人工巣塔。コンクリート柱の上にパラボラアンテナ状の巣台が取り付けられている=滋賀県高島市マキノ町浦で、塚原和俊撮影

 なるほドリ 特別天然記念物のコウノトリの営巣を促す人工巣塔が今月、高島市マキノ町浦に設置されたね。ペアが居着いてひなが生まれるといいね。

 記者 呼びかけた地元の竹谷勇次さん(62)の話では、浦と隣の山中両地区の水田地帯に6年前から毎春、コウノトリが飛来しています。営巣、産卵、ひな誕生、巣立ちを夢見る住民の願いが、コウノトリが生息できる環境作り活動をする兵庫県豊岡市の市民団体「コウノトリ湿地ネット」に伝わり、巣塔設置につながりました。

 Q 日本のコウノトリは一度、途絶えたんだよね。

この記事は有料記事です。

残り1162文字(全文1405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. なぜ手洗いは感染予防に効果的か 洋服にウイルスが付いたらどうする? 専門家に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです