メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一休寺納豆

仕込み始まる 京田辺 /京都

木のおけいっぱいに仕込んだ豆を炎天下でかき回す田辺宗一住職=京都府京田辺市薪の一休寺で、鈴木健太郎撮影

 室町時代の僧・一休宗純が晩年を過ごした京田辺市薪の酬恩庵一休寺で、一休寺納豆の仕込み作業が始まった。直径1・1メートル、高さ70センチの昔ながらの木おけ3基に、こうじなどと混ぜて蒸した計180キロの大豆、塩水を漬け込み蔵で発酵させた。田辺宗一住職(70)が炎天下でかき混ぜる天日干しの作業は来年4、5月まで続く。

 鎌倉時代に中国から伝わった禅僧の食べ物に、寺を再興した一休が工夫を加え広めたとされる。色は黒く、しょうゆやみそ同様、大豆と塩のうま味が凝縮した味わい。茶漬けの具や酒のつまみなどとして参拝者の土産になるほか、市内のレストランで西洋料理の隠し味としても使われているという。

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです