メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不登校

将来の「ひきこもり」防ぐ 中学生の情報共有へ 府の健康福祉部と教育委が連携 /京都

 府は、ひきこもりを健康福祉部、不登校を教育委員会が担当する「縦割り行政」を見直し、両者が不登校の中学生の情報を共有し、将来のひきこもりを防ぐ連携態勢を整えた。2017年度に行った初の実態調査から、不登校をきっかけにひきこもりになる人の多いことが明らかになっており、学齢期からの支援強化につなげていく。【南陽子】

 府健康福祉部は17年、京都市東山区にある府家庭支援総合センター内に「脱ひきこもり支援センター」(0…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文650文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです