メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和のための戦争展

平和のため戦争知ろう 軍写真集や原爆パネル展示 三木 /兵庫

市民から寄せられた戦時中の資料や戦争体験の手記に見入る来場者=兵庫県三木市上の丸の市役所みっきぃホールで、浜本年弘撮影

 戦争の実相を伝える展示「平和のための戦争展2019」が、三木市上の丸の市役所みっきぃホールで開かれている。旧日本軍の中国での様子を伝える写真や防空頭巾など、市民から寄せられた戦時中の品々も並ぶ。最終日の8月3日には旧満州(中国東北部)からの引き揚げ体験を聞く平和の集いがある。

 次世代に平和の大切さを伝えようと、例年この時期に市民らの実行委が主催。今回は、市民から提供されたゆかりの品約30点も…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

  2. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  3. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです