メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせの村

動植物、こんなにいっぱい 紹介展示始まる 神戸 /兵庫

「いきものふれあいコーナー」では子どもたちがカブトムシやクワガタムシを手に観察=神戸市北区のしあわせの村で、木田智佳子撮影

 開村30周年を迎えた神戸市北区の総合公園「しあわせの村」で、村内の動植物を紹介する展示「知ってる? しあわせの村のいきものたちのこと」が30日、始まった。

 六甲山系の西に位置し広大な緑地やため池もある公園内には野鳥や昆虫も多い。展示は、2016年から園内で生物多様性保全に向け調査活動を行っている市民グループ「しあわせの村いきもの会議」が企画。この3年間に採集…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです