メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

余った食品、必要な世帯へ フードドライブ拡大中 コープで回収、食品ロス削減にも /兵庫

コープ西宮に常設されているフードドライブのコーナーでケースを手にする井野健太郎さん=兵庫県西宮市で、井上元宏撮影

 家庭で余った食料品を持ち寄り、生活困窮者らの支援に役立てる運動「フードドライブ」が広がっている。コープこうべ(神戸市)は県内と大阪府北部の全161店舗で夏と冬に展開し、西宮市の一部店舗では常設。食べられるのに捨てられる「食品ロス」削減にもつながることから、神戸市は2017年から他の小売店にも広げ、今年上半期は昨年比3倍の約2トンを集めた。西宮市も今年6月から取り組んでいる。【井上元宏】

 西宮市池田町のコープ西宮。食品売り場に常設されたケースには寄贈されたスナック菓子や缶詰などが入って…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1043文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです