メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ならまち暮らし

全身麻痺の国会議員=寮美千子 /奈良

 「寮さん、聞いてよ。うちのおバカちゃんが、国会議員になりたいって言いだしたの」

 電話の主は佐塚みさ子さん(57)。千葉の介護施設の社長だ。彼女が愛情を込めておバカちゃんと呼ぶのは舩後靖彦さん(61)。全身麻痺で呼吸器を装着するALS(筋萎縮性側索硬化症)患者である。

 わたしは、友人に頼まれてメールで彼の短歌の指導を始めたのがきっかけで、11年前にノンフィクション『しあわせの王様 全身麻痺のALSを生きる舩後靖彦の挑戦』を上梓。3年前には、彼が全身麻痺のまま社会復帰したことを追記して、増補改訂版を出版した。

 彼を雇ってくれたのが佐塚さん。看護師として訪問在宅看護をしたことがきっかけで舩後さんと知り合い、「…

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1300文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです