メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取空港

リニューアル1年 来場者10倍、コナン効果 等身大フィギュア5体 /鳥取

 昨年7月に民営化し「鳥取砂丘コナン空港」の愛称で親しまれている鳥取空港(鳥取市)がリニューアルオープンして28日で1年。搭乗者を除く一般来場者が10倍近く増えるなど盛況だ。空港を一つの観光スポットと位置付け、県出身の青山剛昌(ごうしょう)さんが描いた人気漫画「名探偵コナン」を起用したことなどが大きなけん引力となっている。

 鳥取空港は2015年3月、鳥取砂丘コナン空港の愛称で新たにスタート。昨年7月には、県が施設を保有し…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. GSOMIA失効回避も 日韓経済の回復遠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです