メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石見銀山文化賞

本賞に西村さん 大森のまちづくりに貢献 大田で表彰式 /島根

中村ブレイスの中村俊郎会長(左)から盾を受け取る西村幸夫さん=島根県大田市大森町の大森座で、柴崎達矢撮影

 第12回石見銀山文化賞の本賞に神戸芸術工科大教授の西村幸夫さん(67)が選ばれ、26日、大田市大森町のオペラハウス「大森座」で表彰式が開かれた。

 賞は石見銀山遺跡(大田市)の世界遺産登録翌年の2008年、近くの義肢・装具メーカー「中村ブレイス」が創設。石見銀山に関する研究や文化活動に尽力する個人や団体が対象で、18年までに本賞、特別賞、奨励賞計15点を授賞した。

 西村さんは福岡市出身で、東京大教授、副学長などを歴任。専門は都市計画。04~06年、県教委の推薦書…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです