メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体験的「チボリ検証」考

/上 過去の経緯 非公開の県検証委資料=倉敷支局・小林一彦 /岡山

2008年末に閉園した倉敷チボリ公園=2007年撮影

 県主導で22年前の1997年7月18日に開園した倉敷チボリ公園(倉敷市寿町)。官民合わせて500億円近い資金が投入されたが、経営難で2008年末に閉園した。「チボリ問題」は、特に公的資金の使い方に多くの教訓を残した。問題を検証した県設置の第三者委員会(08年9~12月)の報告書は、公園事業に関わった長野士郎(故人)、石井正弘の両知事時代の問題点を明確に指摘して注目されたが、最近、この報告書の成立に関する興味深い非公開資料に触れる機会があった。それはまた、当時の私自身の記者活動の検証にもつながるものでもあった。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです