井原東洋一さん死去

「また5団体の重鎮失った」 「パワフルな行動力」被爆者ら悼む /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2016年の平和祈念式典で「平和への誓い」を読み上げる井原一さん
2016年の平和祈念式典で「平和への誓い」を読み上げる井原一さん

 長崎の被爆者5団体の一つ、県被爆者手帳友の会の井原東洋一(とよかず)会長=長崎市片淵4=が30日、83歳で亡くなった。核兵器廃絶を訴えるとともに、外国人被爆者の追悼などに国内外で精力的に取り組んだ井原さんを、活動を共にした被爆者らが悼んだ。【今野悠貴、浅野翔太郎】

 22日に入院先を見舞ったという長崎原爆被災者協議会の田中重光会長(78)は、「原爆だけでなく原発にも反対し、核に依存しない社会を市民に訴えるパワフルな人だった」としのんだ。県平和運動センター被爆…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

あわせて読みたい

注目の特集