かんぽ生命

不正販売 倍増18万件 過去5年分 金融庁立ち入りへ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 かんぽ生命保険の不正販売問題で、保険料の二重払いなど顧客に不利益を与えた可能性のある契約が、2014年度以降、計約18万3000件にのぼることが30日判明した。調査対象期間を拡大した結果、すでに判明していた約9万3000件から倍増した。同社と日本郵便は7月から契約実態の調査に着手しており、募集時の不適切な説明などが明らかになれば、保険料の返金や旧契約の回復に応じる。不正の疑い件数が拡大したことで調査期間が長期化するのは必至…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

あわせて読みたい

注目の特集