メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熱狂ゲノム

第1部 身近に迫る技術/1(その1) 遺伝操作で外来魚駆除 ブルーギルを不妊化 琵琶湖で実用目指す

 遺伝子を効率よく改変する「ゲノム編集」技術を使い、生態系に悪影響を与える外来魚のブルーギルを不妊化させて根絶させる実証実験に、国立研究開発法人「水産研究・教育機構」(本部・横浜市)や三重大の研究チームが乗り出す。数年以内に近畿地方の池に放流し、実験データを集めて琵琶湖(滋賀県)での実施を目指す。ゲノム編集した生物を自然に放して駆除する実験は、世界的にも非常に珍しい。

 ブルーギルは、北米原産の体長10~20センチ台の淡水魚。1960年ごろ食用として国内に持ち込まれ、…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1227文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです