メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱狂ゲノム

第1部 身近に迫る技術/1(その1) 遺伝操作で外来魚駆除 ブルーギルを不妊化 琵琶湖で実用目指す

 遺伝子を効率よく改変する「ゲノム編集」技術を使い、生態系に悪影響を与える外来魚のブルーギルを不妊化させて根絶させる実証実験に、国立研究開発法人「水産研究・教育機構」(本部・横浜市)や三重大の研究チームが乗り出す。数年以内に近畿地方の池に放流し、実験データを集めて琵琶湖(滋賀県)での実施を目指す。ゲノム編集した生物を自然に放して駆除する実験は、世界的にも非常に珍しい。

 ブルーギルは、北米原産の体長10~20センチ台の淡水魚。1960年ごろ食用として国内に持ち込まれ、…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1227文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです