メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱狂ゲノム

第1部 身近に迫る技術/1(その2止) 殺さず減らす新技術 「改変魚たちは宝の山」研究者

 

 三重県玉城町にある水産研究・教育機構の研究室。その一画に温度管理された100個もの小型の水槽が整然と並び、体長10センチほどのブルーギルが1匹ずつ飼育されている。「水槽に入っているのは、特にうまく遺伝子改変できた魚たち。私たちにとって、まさに宝の山なんです」。研究を主導する機構の岡本裕之グループ長(51)が熱く語る。

 研究グループが目指すのは、ゲノム編集の技術を使って外来魚を駆逐するという世界的にも非常に珍しい取り組みだ。きっかけは2012年ごろ、機構に漁業者から寄せられた「在来種を食べてしまう外来魚の問題を何とかしてほしい」という切実な訴えだ。当時、農作物や養殖魚の品種改良にゲノム編集を用いる研究が注目を集め始めており、「この技術は外来魚駆除にも応用できる」と考えた。

この記事は有料記事です。

残り2678文字(全文3020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです