メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

高校野球の投球数制限

古島弘三氏

 高校野球で投手の肩や肘を守るため、球数制限の議論が進んでいる。日本高校野球連盟が4月に設置した「投手の障害予防に関する有識者会議」(座長・中島隆信慶応大教授)は、1大会での投球数に一定の制限を設ける方針を示す一方、「1試合100球」など1試合での球数制限の見送りを決めた。球数制限の効果と課題は。

「1試合100球」制限は必要 古島弘三・慶友整形外科病院スポーツ医学センター長

 野球で痛めた肘だけで年間約800人を診ている。そのうち8割が高校生以下。その1割が手術を受ける。中…

この記事は有料記事です。

残り4290文字(全文4528文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです