メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

百舌鳥・古市古墳群の名称 考古学の積み重ね生かせ=矢追健介(大阪社会部)

森浩一さんが作成して学生に配布した陵墓の考古学的な名称案=森さんの教え子の今尾文昭さん所蔵

 大阪府の百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群(堺市、羽曳野(はびきの)・藤井寺市)が世界遺産に登録されることが決まった。しかし、古墳群を構成する4~5世紀の古墳計49基のうち、宮内庁が天皇や皇族の墓として管理する陵墓8基が、教科書とは異なる「○○天皇陵古墳」といった名前で申請されたことは今後に課題を残したと思う。考古学の蓄積に基づき、地名にちなんだ名称を尊重することが、長い目で見て遺産の保護や観光振興に生きるはずだからだ。今後は教科書同様、地名に基づいた名称に統一するか、せめて両方の名称を併記すべきだと考える。

この記事は有料記事です。

残り1793文字(全文2053文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです