メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

百舌鳥・古市古墳群の名称 考古学の積み重ね生かせ=矢追健介(大阪社会部)

森浩一さんが作成して学生に配布した陵墓の考古学的な名称案=森さんの教え子の今尾文昭さん所蔵

 大阪府の百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群(堺市、羽曳野(はびきの)・藤井寺市)が世界遺産に登録されることが決まった。しかし、古墳群を構成する4~5世紀の古墳計49基のうち、宮内庁が天皇や皇族の墓として管理する陵墓8基が、教科書とは異なる「○○天皇陵古墳」といった名前で申請されたことは今後に課題を残したと思う。考古学の蓄積に基づき、地名にちなんだ名称を尊重することが、長い目で見て遺産の保護や観光振興に生きるはずだからだ。今後は教科書同様、地名に基づいた名称に統一するか、せめて両方の名称を併記すべきだと考える。

この記事は有料記事です。

残り1793文字(全文2053文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです