メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

決定会合 現行金利、苦肉の維持 「物価失速恐れなら追加緩和」明記

金融政策決定会合後の記者会見で質問に答える黒田東彦日銀総裁=東京都中央区で2019年7月30日、尾籠章裕撮影

 日銀は30日の金融政策決定会合で、短期金利をマイナス0・1%、長期金利を0%程度に誘導する現行の超低金利政策「長短金利操作」の維持を賛成多数で決めた。決定文には、「物価安定の目標に向けたモメンタム(勢い)が損なわれるおそれが高まる場合には、躊躇(ちゅうちょ)なく、追加的な金融緩和措置を講じる」との一文を追加。政策余地が限られる中、緩和姿勢強化をアピールする苦肉の策となった。【松倉佑輔】

 「かなり踏み込んだ。従来申し上げているよりかなり金融緩和に前向きになったと言える」。黒田東彦(はる…

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1335文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 停電続く千葉・館山と南房総市に大雨で避難勧告

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです