メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中通商協議

再開 閣僚級 3カ月ぶり出口見えず

 米中両政府は30日、中国・上海で閣僚級による通商協議を再開した。対面での交渉は、物別れに終わった5月上旬以来、約3カ月ぶり。貿易戦争の収束に向けて双方が歩み寄れるかが注目点だが、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する禁輸措置の扱いなど対立は多岐にわたっており、早期合意は見通せない状況だ。

 米国からライトハイザー通商代表部(USTR)代表、ムニューシン財務長官が出席。中国側は劉鶴副首相が…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文664文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 健康食品か医薬品か 駄菓子かおまけ付きか…軽減税率、対応に苦心

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです